豊胸手術の方法は様々!自分のバストに合う方法を見つけよう!


切開しない豊胸手術は傷跡が目立ちにくい

脂肪注入やヒアルロン酸注入による切開しない豊胸手術は、大幅な豊胸効果は期待できないものの、術後の傷跡が目立ちにくいという大きなメリットがあります。また、こうした手術に用いられる薬剤は、副作用のリスクが少なく安全性が高いため、肌が弱い人でも安心して手術を受けることが可能です。最近では、切開しない豊胸手術を日帰りで受け付けている美容外科のクリニックの数も増えており、OLや大学生、主婦などから人気が集まっています。なお、術中に使用する薬剤の成分や量などによって、手術の費用が大きく変わります。そのため、豊胸手術のトータルコストについて気になることがあれば、カウンセリングの時間に費用に関する具体的な説明を受けることが重要です。

シリコンバッグを挿入する方法は高い効果を期待できる

胸にシリコンバッグを挿入する従来の豊胸手術は、脇の下や胸の周りをメスで切開する必要がありますが、術後すぐにサイズアップの効果を得られるという魅力があります。豊胸手術の症例数が多い大手のクリニックでは、患者の身体的な負担を軽くするために、麻酔薬の量を調節したり、切開をする箇所を最小限にしたりしているところが珍しくありません。そこで、脂肪注入やヒアルロン酸注入などの豊胸手術の方法で満足のいく効果を実感できなかった場合には、シリコンバッグの手術の特徴を確認することがおすすめです。なお、メスを使用する手術の方法は、執刀をする医師の腕前や経験が重要となることから、術後に後悔をしないためにじっくりと通院先を決めることが肝心です。

豊胸手術とは、よく知られているように胸の大きさに悩む女性を助ける素敵な手術です。費用相場は、シリコンパックの場合は75万くらいから、脂肪吸引と注入は140万くらいからです。