痛くない脱毛法は存在する?効果との関係は?


脱毛法の選び方のポイント

ムダ毛の処理方法には非常にたくさんの種類があり、どれを選んでいいか迷ってしまう、という人は少なくありません。
脱毛法を選ぶ際には、費用・手軽さ・効果の高さなどいくつかのポイントがあります。処理時に痛みがあるかどうかというのも、人並み外れて痛みに強い人でもない限りは重要なポイントの1つとなります。処理を行う時は、これらのポイントを総合的に見た上で自分に合った方法を選ぶようにします。

自己処理ならほとんど痛みなしで処理可能

痛みという観点から見た場合、最も身体への負担が軽いのは脱毛クリームや脱毛ローションなどを使った自己処理です。これらの方法では有効成分によって毛を溶かして処理するだけなので、肌質によっては多少ピリピリするケースもありますが、処理時の痛みはほとんどありません。ただ、処理できるのは今生えている毛だけなので、すべすべお肌をキープするには数日おき、数週間おきに処理を繰り返す必要があります。

痛みは強いが効果が高くなる

より高い効果を期待するなら、サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛などがおすすめです。これらの脱毛は毛母細胞などの発毛をつかさどる組織を変性させることができるため、毛が再生しにくくなる効果が得られます。医療レーザー脱毛なら、永久脱毛も目指せます。しかし、これらの脱毛法は効果が高い分、それなりの痛みもあります。感じ方には個人差がありますが、一般には光脱毛なら輪ゴムで肌をパチンとはじいた程度の痛み、レーザー脱毛ならそれよりさらに強い痛みだと言われています。ただ、レーザー脱毛は医療機関で取り扱っているため、希望すれば麻酔を処方してもらえます。その分費用はかさみますが、痛みはずっと軽くなります。

まとめ髪をよくする人はうなじを綺麗に見せるためにえりあしの脱毛をする人が多いです。首が細長くスッキリとした印象になり肌色もワントーン明るくなります。