普段の行動が薄毛の原因?育毛によい生活習慣を身につけよう!


育毛には生活習慣の改善も重要

薄毛対策として育毛剤や育毛シャンプーなどを使用している方も多いのではないでしょうか。こうした育毛アイテムを使うことも大切ですが、生活習慣を改善して育毛に良い頭皮環境を作ることも大切です。

紫外線は頭皮の大敵!

夏になると日焼け止めなどで肌の紫外線対策を行う方は多いですが、頭皮への紫外線対策は軽視されがちです。ですが、過度な紫外線は肌だけでなく頭皮や毛髪にも悪影響を及ぼします。
紫外線による影響として頭皮のやけど・乾燥、毛髪の水分量低下などが挙げられます。秋は抜け毛が増えやすいと言われていますが、夏に蓄積された頭皮へのダメージが要因の一つになります。

頭皮への紫外線対策としては帽子や日傘がオススメですね。ただ帽子を選ぶ時は通気性も考慮しましょう。通気性の悪い帽子だと湿気が高くなって、頭皮に悪影響を及ぼします。

シャワーの温度には注意する

熱いシャワーを浴びる方が気持ちが良いという方もいるかと思います。ただ、シャワーの温度が高すぎると頭皮にダメージを与えてしまうことがあります。熱すぎるシャワーは頭皮を保護する皮脂まで流してしまったり、髪の主成分であるタンパク質にダメージを与えたりします。ですからシャワーの温度はぬるめの40度弱に設定するのがオススメです。

このように頭皮や毛髪は高温に弱いので、ドライヤーを使うときも頭から20cm以上離して使いましょう。ちなみに自然乾燥はあまりオススメしません。雑菌の繁殖、キューティクルが傷みやすいなどの悪影響があります。タオルドライで毛髪や頭皮の水分をしっかり取って、ドライヤーの時間を短縮するのがポイントです。

人それぞれ体質が違いますから、育毛をする場合、自分勝手に行うのではなく、事前に自分に合った方法を見つけることが大事です。