酵素が不足するとどうなる?酵素の働きについて


生きるのに欠かせない働きを持つ酵素

酵素は栄養の吸収や分解などの生命活動に必要となる触媒の役割を持っています。たんぱく質を中心に構成されており、約3000種類以上の酵素があるとされています。体内で起こる化学反応の多くに関わっており、人間が生きるうえで欠かせない存在です。酵素が不足すると肌荒れや便秘、下痢などの様々な体調不良につながっていきます。栄養をとったとしても消化に必要な酵素が足りずに、十分に吸収されないまま排出されてしまうことも問題です。酵素は体内で合成することができますが、年齢と共に作られる量が減少します。そのため高齢者は消化や代謝が衰えていることが多く、食べたものを消化するのに酵素を消費しすぎないためにも腹八分目の食事を心がけることが大切です。

酵素を補うのに役立つこうじ菌

暴飲暴食などの食生活の乱れは消化のために大量の酵素を消費してしまうので、酵素不足に陥りやすいです。健康のためには酵素を無駄に消費しないことと食事によって酵素をとることが大切です。酵素は新鮮な野菜や生魚などの生の食べ物に多く含まれています。たんぱく質が主成分であるために熱に弱い性質があり、生で食べることが必要です。他にも、酵素が多い食品としては、発酵食品も挙げられます。こうじ菌は大豆を味噌や醤油へと変える働きがありますが、これはこうじ菌が食物を発酵させる酵素をつくりだしているからなのです。近年ではこうじ菌が配合されたサプリメントも作られています。酵素は加熱すると壊れてしまうので、サプリは酵素の補給に役立つと言えるでしょう。

こうじの酵素には、お腹の調子を良くしたり、肌をきれいにする効果があるという口コミがあります。ダイエットにも効果があるそうです。