自分の身体に蓄えられた脂肪を使ってバストアップ!


脂肪が必要な場所に注入しよう

美容整形の中でもやっている人が多い豊胸手術ですが、患者さんのニーズに合わせて多様化が進んでいますよね。ダウンタイムがあったとしても、形が崩れなくて半永久的に豊胸効果を得られる方がいいという人には、インプラントを挿入する手術があっていますし、身体になるべく負担を与えたくない、できれば低予算で済ませたいと思っている人なら、フィラーや体の組織の一部を注入する方法の方がいいですよね。ヒアルロン酸やアクアフィリングなどの人工物を入れることに抵抗がある人は、自分の身体から取り出した脂肪を注入するのがおすすめ。胸のほとんどは脂肪で構成されているので、自分の脂肪を使った方が触った時の違和感がありません。太股やお腹などにびっしりついている余分な脂肪を使うので、豊胸と同時に痩身効果も狙えて一石二鳥ですよね。

脂肪豊胸には二つの方法がある?

現在美容医療の現場で行われている脂肪豊胸には、大きく分けて二通りの方法があります。一つ目は洗浄液で脂肪細胞をきれいにしてから注入するピュアグラフト豊胸、もう一つは無菌状態で遠心分離にかけて、脂肪を濃縮するコンデンスリッチ豊胸です。どちらも、これまでの脂肪豊胸の欠点を解消するために登場しました。脂肪を注入した時に、不純物や質の悪い脂肪細胞も混ざっていると、胸にしこりが出来やすくなります。でも、新しい脂肪豊胸なら良質な脂肪細胞だけを注入することができるので、定着率も高いうえにしこり化の可能性も低くなるんです。

フォトフェイシャルとは、シミやそばかすといった肌の悩みを、レーザー治療よりもやさしい光を照射することで症状を改善します。安全性も高く、レーザー治療よりも安価な美容医療です。